今年の花粉は?

今年の花粉は?

春の日差しを感じる季節になりましたね。
でも花粉対策は大丈夫でしょうか。
そもそも、なぜ花粉がお肌にとっては大敵なのでしょうか。

 

また花粉症についてもまとめましたのでご覧になって下さいね。

 

スギ花粉の作用とは?

スギ花粉は、角層(お肌の一番外側)の下に到達すると、
お肌の水分蒸発をすごく促進してしまいます。

 

さらに、角層が弱くなった際にはお肌のバリア機能によって
油分を出し、角層を守ろうとするのですが、それもスギ花粉は
阻害してしまいます。

 

 

花粉症が起こる経緯

花粉症は、皮膚や体内に侵入してきた異物に対して、
過剰な反応を起こした結果、くしゃみ、鼻水、目の
痒みなどが発現するという症状です。

 

花粉症の人が花粉を吸った時に何が起こるかと言うと、
白血球中のリンパ球の「Tヘルパー細胞」と言われる細胞が、
花粉を敵と思って抗体を造り、その異物を体外へ排出しようとするんです。
その排出の方法が鼻水やくしゃみ、という訳なんです。

 

そのため、花粉に対する不要な抗体がそもそも作られなければ
くしゃみや鼻水があまり出にくくなりますね・・。

 

 

花粉症対策

 

免疫力を高めよう

まずはやっぱり免疫力を高めるということになります。
ここがなかなかやっぱり難しいところなんですが・・^^;

 

免疫力を高めるには、たんぱく質と、その代謝には
かかせない水溶性のビタミンB6を摂取するのが
望ましいとされています。

 

※豆・肉・魚などに含まれるビタミンB6のみでも、リンパ球の
抗体生成を抑制する効果があると言われています。

 

また青魚の魚油には、花粉症の症状を緩和すると
されているDHAやEPAも多く含まれています。

 

肌荒れの時に花粉がお肌につくと、さらに悪化する可能性が
あるのは非常に厄介ですね・・。

 

さらに、花粉や様々なアレルギー物質は、結果として肌が
敏感肌になる原因でもあると言われています。

 

アレルゲン免疫療法

アレルギーの原因物質を少しずつ体に吸収させることで、
アレルギー反応を弱くしていくという方法です。
お肌に駐車したり、舌に垂らしたりする方法ですね。
花粉症の他にも気管支喘息やアレルギー性鼻炎に
この方法が有効だとされていますね。

 

アレルゲンを入れるということからも分かるように、
アレルギー反応が起こる可能性があり、稀かとは思いますが
アナフィラキシーという副作用が起こることもあります。
そういった副作用に丁寧に対応できる病院を選び
受診するようにしましょうね。

 

鼻や目元にワセリンを塗る

今年になってよく言われるのがワセリンですね。
ワセリンが花粉を吸着し、またお肌/粘膜を保護、保湿すると
いうことから花粉症に対して効果が有ると言われています。

 

 

やはりお肌の保護、保湿は大事ですものね。

 

こちらでは、それらをまとめてできるオールインワンジェル、
薬用ホワイトニングリフトケアジェルをおすすめしています。

 

30日間の返金保証も有りますので、一度お試しあれ♪

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ