美肌 スキンケア

高い化粧品が必ずしも良いわけではないということ

化粧品の価格は、おなじような効果をうたっていても、
値段にバラツキがあります。

 

何が違うのでしょうか

 

確かに、高い化粧品の方が研究する期間や開発までに長かった
り、成分なども高いものが使われている場合があります。

 

ただそれが自分にとってよいのかどうかが問題です。

 

美白化粧品などが流行っていますが、私自身、美白の化粧品
の成分が合わずに使うことができません。

 

だからといって、美白ケアができない、しないということではないと思っています。

 

常に、美白には気を使っている方だと思います。

 

例えば、美白とうたっていなくても、焼けないようにするために
紫外線防止のクリームやファンデーションを選ぶことや紫外線を
浴びてしまっても鎮静効果のあるアロエの化粧水などで肌を
冷やしたり、普段からビタミンCなどを飲んだり、ビタミンC配合の
美容液などを使っていることで、美白対策を行っています。

 

また、紫外線を浴びることで乾燥しやすくなるので、
保湿クリームを多く塗っています。

 

ある程度年齢が高いかたであれば、乳液よりも
クリームをぬることをおすすめします。

 

化粧品の値段は、成分や研究、開発費用なども
含まれていますが、広告費にお金をかけていることも
ありそれで、値段が高くなっている場合もあります。

 

自分が必要としている成分はなにかを調べて
肌に見合った化粧品をつかうことがよいと思います。