美肌 スキンケア

求む、アルコール フリー

なぜ世に出回る手に入りやすい基礎化粧品には一般的に
アルコールが含まれているのだろう?

 

日持ちさせるため?

 

でも、そもそも保湿するためのものに揮発剤が入っているのって、とても不思議。

 

だって、揮発剤って乾燥を早めるもの。

 

そして、基礎化粧品をしっかり使う丁寧なお手入れを意識するような
敏感肌や揺らぎ肌に悩む時期には尚更お肌もピリピリ痛くなって
しまうから、とてもじゃないけれど使い続けられない。

 

特に、素肌に一番最初につける化粧水に至っては、致命的。

 

洗顔後に化粧水をつけたら、化粧水に含まれるアルコールの刺激に
耐えきれず、間髪入れず二度目の洗顔に突入する本末転倒っぷり。

 

それとも、これだけ一般的ということは、世の皆さんはアルコールが
入っている基礎化粧品を問題や違和感や痛みなく使えているということなのかしら?