美肌 スキンケア

余った卵白は捨てないで!卵白美容法でぴかぴか肌美人に

私のお気に入りの美容方法は卵白美容法です。

 

卵白には高級化粧品の成分ともなっている、保湿効果の
あるアルブミンやアミノ酸が入っていますし、さらに、リゾチウム
という成分も含まれています。

 

リゾチウムは肌の細胞を若返られせてくれるなんて言われています。

 

お菓子作りが好きな人なら「そうそう!」と思ってくれるとおもうのですが、
卵白はお菓子作りをする際に余ることってよくあるんですよね。

 

例えば、シュークリームのカスタード作りには卵白が余ってしまうのです。

 

パイを焼くときに、照りとして、卵黄をパイに塗り付ける時にも、卵白が余ってしまいます。

 

その卵白の使い道に困る時が私にはありました。

 

しかし、卵白美容法を知ってからは、困りません。

 

逆に、パイやシュークリームを作る機会が増え、子供たちに喜ばれています。

 

卵白はメレンゲ上に泡立てて、洗顔とパックに使用します。

 

顔を濡らし、メレンゲの優しい泡で顔をマッサージして、洗顔します。

 

すすいだら、タオルで顔をふききらずに湿った顔に、
残ったメレンゲを塗り付け10分放置します。

 

そして、ぬるま湯でメレンゲを洗い流したら、まるで湯上り卵肌!
というようなぴかぴかのお肌になります。

 

触っても、肌がぴちぴちした感じがしますし、鏡に映る自分の
肌がぴかぴかに光っています。卵白美容法、お勧めです!