美肌 スキンケア

エイジング美容食

芋や穀類を食べると太ると思っている人が多いかもしれませんが、
実は体に良いからと生野菜ばかり食べると体を冷やしてしまい、
体がうまく機能しない身体になってしまいます、芋や穀物などを
食べることで体が温まり体温上昇につながり機能がよくなります。

 

私は穀類は特に玄米やハトむぎを多く食べます。

 

食べる野菜については、旬のものがベストです。

 

季節なずれの食材は味が悪いことからもわかるように、栄養価が違ってきます。

 

またどれだけ太陽光を浴びているかなど作られた環境も変わってきます。

 

自然の摂理にさからった食べ方をすると私たち人間の
生理的なものも乱すことにつながります。

 

食材を選んでバランスよく食べることで体の代謝がよくなり、
細胞が活性化されエイジング効果につながります。

 

また調味料も重要です。味噌は天然のものを食べてください。

 

天然の味噌に含まれた酵素が一緒に食べたものの分解と
吸収を助けてくれます。分解と吸収を助けてくれることで、
人間の体の消耗を抑えてくれます。

 

また醤油も天然醸造で約1年以上の時をへて
できあがるものが、本物の醤油です。

 

安いものは防腐剤や人工甘味料、化学調味料など
含まれることがあるので、身体の機能を悪くしてしまいます。

 

このようなこだわりを持って食材や調味料を選ぶことがエイジング(若返り)につながります。